MENU

新着情報

新着情報

ニュース

最新労働社会保険法令紹介

平成29年度地域別最低賃金額改定の目安について

7月27日に開催された中央最低賃金審議会で、 今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられ、公表されました。

今年度の目安が示した引上げ額の全国加重平均は25円(昨年度は24円) となり、 目安額どおりに最低賃金が決定されれば、最低賃金が時給で決まるようになった平成14年度以降で 最高額となる引上げとなります。 また、全都道府県で20円を超える目安額となっており、 引上げ率に換算すると3.0%(昨年度は3.0%)となっています。

 Aランク 26円 埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

 Bランク 25円 茨城、栃木、富山、山梨、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島

 Cランク 24円  北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、岐阜、奈良、和歌山、岡山、
                         山口、徳島、香川、福岡

 Dランク 22円  青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、愛媛、高知、佐賀、長崎、
                         熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

 

今年度も大幅引き上げとなっており、最低賃金割れの発生が考えられますのでご注意ください。

 

■平成29年度地域別最低賃金額改定の目安について/厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000172722.html

一つ前のお知らせを見る

ニュース トップへ

新着情報カテゴリ一覧

人事労務についてお悩みの方は、お気軽にお問合せください!

TEL:075-257-5444

お電話の受付時間:平日9:00~17:00

info@fukudasiki.com