MENU

新着情報

新着情報

ニュース

最新労働社会保険法令紹介

平成30年1月1日より労働条件の明示等が義務付けられます

平成30年1月1日より、職業安定法や関連する省令・指針の改正に伴い、

労働者を募集する際、労働条件の明示等について

ご留意いただきたい点をお知らせします。

 

最低限明示しなければならない労働条件等

省令において、次の事項の明示が義務付けられました。

 ・試用期間の有無及び期間、使用期間中の労働条件

 ・労働者を雇用しようとする者の氏名又は名称

 ・派遣労働者として雇用しようとする場合は、その旨

 

次の事項についても、明示すべきであることが指針に明記されました。

 ・固定残業代制を採用する場合、固定残業代を除いた基本給の額、固定残業時間、

  固定残業時間を超えた場合は追加で給与を支払う旨

 ・裁量労働制を採用する場合には、その旨

 

他にも改正がありますので、こちらをご覧ください。

 ■労働者を募集する企業の皆様へ/厚生労働省

 ■職業紹介事業者の皆様へ/厚生労働省

一つ前のお知らせを見る

次のお知らせを見る

ニュース トップへ

新着情報カテゴリ一覧

人事労務についてお悩みの方は、お気軽にお問合せください!

TEL:075-257-5444

お電話の受付時間:平日9:00~17:00

info@fukudasiki.com